simフリーの格安スマホの料金比較【おすすめランキング】

column
        

節約・貯金で500万貯める20代の若者たちの最新・貯金術7選

【2015年08月12日(水)】

アンダーバー

若者が500万円貯金するための7選

simフリーの格安スマホおすすめ比較サイト 担当者の松浦です。

先日ですねなんとなくTVを見ていたんですが、

とくダネ!で驚くニュースを発見してしまいました!!

今、500万円以上貯金をしている若者(20~34歳)が全体の31.4%!!

若者貯金しまくってる!

しかも、よくよくテレビを見ていると節約と言っても、遊びたいときにはお金を惜しまず使うそうです。よくあるもやし飯にどこにも遊びにけない、、、みたいな生活はしないそうです。

それなのに500万以上の貯金なんてできるの!?ということで

今回はこの謎を解明致します。
 

今どきの若者はフリマアプリを活用?

今どきの若者はどうやら要らなくなった洋服やアクセサリーなどの小物を
アプリで売るそうです。その代表格がメルカリというアプリ!

column26mercali

このアプリでは出品、年会費、月会費など全て無料で、3分でカンタンに出品できるそうです。数々の賞を受賞しており、若者の間で大流行しています。フリマの感覚でネット上でやりとりが可能になったアプリですね。全部スマホ内で完結できます。若者はこういうアプリを使って服を捨てる替わりに購入するんですね♪

レシートを送るだけでポイントGET?

なんとですね、普通に買い物をしてそのレシートを送るだけでポイントが
もらえるアプリがあります。それがレシポです。普通に近所のコンビニやスーパーで指定された商品を購入し、レシートを送ればそれぞれのポイントが貰えます。そして、そのポイントをアマゾンやクオカードと交換ができるという仕組みです。

column26レシポ

使い方はまず、パソコン、スマホから会員登録し、サイトでの特売情報をチェックします。そして、買い物の際に対象商品をスーパーなどで購入し、レシート画像を撮影&アップロードするだけでポイントがもらえます。今日からあなたもお得にポイントを貯めて、クオカードやアマゾンギフト券と交換してみてください。

お店に行くだけで、ポイントが貯まる!?

なんと、アプリと一緒にお店に行くだけでポイントが貯まるアプリが若者の間でスマポというアプリが大流行。

column26.sumaho

アースミュージック&エコロジーやships、スーパーのライフやshibuya109などでも利用することができるので、お店に行くことがとても楽しくなります。そして、お店に行くだけでポイントが貯まるので色んな所にお散歩に行くようになるかもしれません。もちろん週刊ダイヤモンドやテレビの有吉ゼミなど様々なメディアにも取り上げられています!

月々スマホ代が4000円-お買い物の10%OFF!?

最近の若者はスマホ代も節約している。しかし、節約というよりかは安い料金で同レベルの質のものを使っているのである。それがnifmoの格安スマホである。通常であれば10000円前後の料金であるがそれが毎月高くても4000円ほどで使うことができる。さらにnifmoではお得なバリュープログラムというプログラムが付いている。

column26.nifmo

例えば、nifmoが提携しているショップで買い物をすればポイントが貰える。そのポイントの料金分を毎月の携帯代から割引できるサービスがこのバリュープログラムである。提携しているお店としては旅行であれば、JTBのるるぶなど、
エンタメであれば、チケットぴあ、ビッグカメラ、家電系であればソフマップ、ヤマダモールなどと提携しており、全部160社と提携しているので、かなり利用できる機会は多いだろう。

買い物しながらのアルバイトができる!?

先日TVで拝見したのは、普通に買い物に行って1000円の買い物をします。するとアルバイトで2000円ももらえるという内容でした。これは近年流行っているショッパーズアイというサイトからの報酬です。
column26shoppers

この仕組は覆面調査員です。
このサイトに無料会員登録をすると仕事が依頼されます。そして、その仕事をレポートにあげることで報酬がもらえます。買い物ができて、報酬ももらえて生活費がかなり浮きますね。

賢い人は金券ショップを活用する!

よく使われてる方は当たり前かもしれませんが、金券ショップを賢い人は使います。当たり前ですが、金券ショップではチケットが安くなります。よくあるのが、500円のクオカードが485円で購入することができます。この25円を積み重ねることで地味に大きな金額になります。例えば、ポイント還元率でいえば、3%になります。さらに新幹線は1000円OFFになります。

column26.kinken

本をよく買う方であれば図書カードが500円→485円、ビール券をよく買う方であれば、ビール券、ギフト券や、クオカードなどもあります。個人的にはタクシー券はかなり響きました。タクシーが簡単に少しでもやすくなるなんて素晴らしいですよね!ぜひお近くの金券ショップに一度立ち寄ってみてはいかかでしょうか?

食事に行くだけで、クーポンが貰える?

SMARTチェックインというアプリがあります。このアプリでは、レストランでなどの飲食店でこのアプリを立ち上げてQRコードなどを読み込むとそのお店の情報がわかります。

column26.smarcheck

例えば、最新メニュー情報や限定の割引情報、店長などのおもしろい裏話などを見ることができます。ぐるなびと併用することができるので、ぐるなびでたまったポイントなどを利用することができるようになります。

まとめ

最近の若者の節約術いかがでしたでしょうか?アプリを利用したり、安いスマホを利用したり、金券ショップを利用したりしています。基本的に節約というと我慢をするイメージですが、最近の若者は我慢ではなく、いかに今の生活品質を落とすことなく、コストを落とすかという工夫をしています。ですので、苦のない節約をしつつお金を賢く貯めるということをしています。このようにぜひとも生活品質を変えない新しい節約をはじめてみてはいかがでしょうか?