simフリーの格安スマホの料金比較【おすすめランキング】

column
        

格安SIMのメリットとデメリット!!

【2015年07月06日(月)】

アンダーバー

こんにちは

simフリーの格安スマホの料金比較【格安スマホのおすすめランキング】サイト担当の松浦です。

今回は格安SIMにするメリットやデメリットをまとめてみました。

<メリット>

月々に料金が安くなる
現在のキャリア契約は安くても6000円程度の維持費が最低かかります。
しかし、格安SIMおよび格安スマホを使うことでやすければ440円からSIMだけであれば使うことができます。スマホの料金を含めても3000円あれば購入することができます。

解約料がない場合が多い
この点はかなりいい点です。通常2年縛りというものが大手3社ではついてくるのですが、これがないケースがあります。ですので、気に入らなければ即解約し、他の会社のものを使ってみることもできます。もちろん年間契約のものもあるので要チェックです。

多彩なプランが魅力
キャリア契約にはない1GBからのプランから15GBのプラン、家族で分けれるプランなど多種多様なプランが存在します。ですので、一人ひとりにあったプランを選択し、お得に利用することができます。

格安SIMでも『LINE』ができる
もちろんラインやフェイスブックをすることができます。ただし、その際にフリーメールが必要となりますので、ぜひこちらを作ってから登録作業を行って下さい。またデータ引継ぎももちろん可能です。

多彩なアプリが使える
アプリもほぼ大手3社と同様のアプリが使えます。

<デメリット+注意点>

通話し放題プランがない
大手キャリアでは通話し放題プランがありますが、今の段階では通話し放題プランがありません。しかし、Yモバイルの10分間を300回までなら通話料無料などついていたりするので、こちらであればほぼかけ放題と区別なく使うことができると思います。また、秋ごろにはNIFMOで通話し放題プランができる予定ですので、こちらは通話し放題プランも利用可能になります。

ケータイメールアドレスが使えなくなる
例えば @docomo.ne.jp などのメールアドレスが使えなくなります。ですので、GMAILやヤフーメールなどのフリーのメールアドレスを使う必要があります。

近くにショップがない
格安SIMにはショップがないものがあります。ですので困った際には各HPよりお問い合わせをする形になります。

まとめ

 
ご自身がどのくらい利用しているかを把握している方であればぜひ格安SIMや格安スマホで毎月お得に利用できます。また、初心者の方でも特別なこだわりがあればそれ相応のプランを探さなければいけませんが、こだわりが少ない方であればシンプルなプランもございますのでおすすめです。

各会社の格安スマホをチェック!!